私のプロバイダ歴についての話 1

インターネットがまだ普及し始めの頃に、私は友人にこれの面白さや、便利さを説明されました。しかし初めの頃は、あまり興味がなかったのです。それはパソコン自体が苦手意識があったからです。会社でも使っていましたが、それは仕事上でしょうがなくと言う感じだったのです。ですが、毎日のようにインターネットの話をされると段々と興味が出てきたのです。そして最後の決め台詞で、やってみようと思ったのでした。それは、映画が好きなら、たくさんの情報が簡単にわかる。と言われたことです。映画大好きな私にとってそれは、強烈な言葉でした。そうしてプロバイダと初めて契約するのですが、パソコンへの設定方法などに戸惑ってしまいました。ですからプロバイダに何度も電話した思い出があります。当時はダイアルアップ回線でしたから、電話は固定電話しか持っていなかったので、電話でプロバイダに質問しても、一度電話を切らなくてはいけなかったのです。

あきる野市 不動産

ビルや病院の清掃業務は株式会社ベルにお任せ!